不倫がバレたことがきっかけで妻と子供を失いました。

普通のサラリーマンが結婚生活にマンネリを感じ、出会い系サイトで知り合った女性と不倫関係を続けていきました。そして運悪くその現場を目撃されて漫画ような展開から離婚の話になり、最終的には妻と子供が私の元からいなくなりました。

不倫現場を見られたことで一気に関係が悪くなりました。

私は今年32歳の会社員男性です。2歳下の妻、3歳になる子供、1歳になる子供と4人で暮らしていました。しかし、半年ほど前に離婚しました。今ではバツイチとしての1人身の人生を歩んでいます。

私たちは結婚生活にマンネリしていて、子供が2人いることを理由にセックスもしないしお互い「好き」ということもなくなってきていました。家の中でもかつての様な愛の溢れる雰囲気がなくなってきていたのでそう考えるとそれが既に離婚の前兆だったのかもしれません。

私は妻に隠れて出会い系サイトに登録し、気に入った女の子と連絡を取り合い、実際に会うような日々を送っていました。幸い出張が多かったので妻に良い言い訳はできました。出会い系で知り合った彼女とは次第に親密になり、身体の関係を持つようになりました。最初はラブホテルでエッチをしていたのですが、アブノーマルなプレイを求めてくる彼女にのめり込み、外でのエッチ、駅のトイレでのエッチなどをするようになりました。

そして、スリルを味わいたいという理由から妻と子供の不在時を狙い、私の家でエッチをしていました。しかし、妻たちがまだ帰ってくるはずがない時間になんと3人は帰宅しました。

出会い系で知り合った彼女とお互い全裸な状態で妻と子供に鉢合わせしました。この漫画のようなストーリーが一気に離婚へのスピードを速めました。その場で引っ叩かれました。

子供の親権を巡って弁護士をに依頼しました。

現行犯だったために何の言い逃れもできない私は妻の離婚の申し出を素直に受け入れるしかありませんでした。

そして「私が知らない間にそんなことをするような人とは一緒にいられない」と言い残し出て行きました。子供の親権に関してが一番大変でした。妻は弁護士を立て、子供たち2人の親権と慰謝料を言い立ててきました。子供は1人ずつにしたい、と思っていて伝えたものの、妻の私への信頼度はゼロになっており聞き入れてもらえませんでした。そのため私も弁護士に親権を巡って依頼しました。しかし、弁護士にも「それ、確実に負けますよ?」と言われましたが、子供の親権を巡って弁護士を雇い、離婚は避けられなくても子供だけは、と思い裁判を起こしました。しかし、裁判になったものの一瞬で決着が着きました。

裁判の費用、慰謝料、子供の親権、そして養育費など家族と一緒に莫大なお金もなくなってしまいました。

バレないと思って過信をして調子に乗りすぎました。確かに以前の様なドキドキ感はなくなりましたが、心の支えになっていた部分はあるし、「いるのが当たり前」という感情に甘えていたのだと思います。何よりまだ小さい子供たちに本当に申し訳ないことをしたと深く反省しました。何度も「戻ってきてほしい」とメールを送りましたがその気持ちが届くことはありませんでした。